マンツーマン研修

安全運転が確実に身につく!オーダーメイド個別研修

職種、技術、経験にあわせて研修プログラムを構築

自動車学校が行ってきたマニュアル通りの技能練習や安全運転教育では、企業の交通事故を防止することは困難です。
数多くの企業研修で蓄積したノウハウから、ドライバー一人ひとりに合わせた研修プログラムを作ります。

ライズのマンツーマン研修はこんな企業にオススメ


研修の様子や内容を記録「研修レポート」


運転の様子を分析し、クセに気づく

事故を起こした人材一人ひとりに詳細な研修を行うため、ドライブレコーダーで運転中の様子を記録し、
運転挙動や車の様子を客観的に見ていただきます。自分のクセに気づくことで安全運転への動機付けになります。

ドライブレコーダーの詳細はこちら


まずは自分の性格と運転を「知る」ことから

“運動機能”、“健康度・成熟度”、“性格特性”、“運転マナー”の4つの観点から、
その人の安全運転に関する適性を総合的に診断します。
検査結果は、「運転適性度」と「安全運転度」の総合評価から、大きく4つの運転タイプに分類、
88の性格パターンとともにより効果的で教習生それぞれに合った教習指導の実現へと活かされています。


ビジネスシーンを想定した実技レッスン

例えば時間ギリギリで急がなければならないとき、お客様を乗せて移動するとき、など
仕事で実際にありうるシーンを想定し、自身の性格やクセを自覚して実技レッスンをおこなうことで
「ついうっかり」や「ちょっとした不注意」を防ぎ、再び事故を起こさないドライバーに変わります。